うきさとむら

「うきさとむら」と聞くと、そういう名前の村が存在するかのように思うが、そうではない。奇岩と樹木が特徴的な伊勢山上や、歴史ある神社などに囲まれた山里、宇気郷地区。特産品を使った食事を提供して訪れる人をもてなしたり、「夏祭り」や「じゃんぼ七草粥祭り」、こんにゃく作りやあまごつかみといった体験、さらに毎月の朝市など、地域の人たちが中心となって、さまざまな形で魅力を発信しているのだ。賑やかなイベントに合わせて訪れるのもよし、普段の日に訪れてゆっくり楽しむのもよし。いなかならではの魅力を見つけにいける場所となっている。

“地図にない村”は、いなかの温かみに溢れた懐かしさを感じる場所。新鮮野菜がゲットできる朝市も開催。

お食事処では鶏焼きやから揚げに加えて、モロヘイヤを練り込んだ「細雪うどん」(写真)も人気。自家製の味噌やこんにゃく、よもぎだんごなども販売している

値段あまごつかみと若鶏のバーベキュー 3500円
こんにゃく作り 2200円(60名まで)
営業時間本店(物産館)
11〜5月 10:00〜17:00
6〜10月 10:00〜18:00
対象年齢
催行期間■あまごつかみと若鶏のバーベキュー
7〜9月

■こんにゃく作り
10〜6月中旬
定休日火曜
備考要予約
駐車場あり
お問い合わせうきさとむら
〒515-2414 松阪市柚原町1643−7
TEL:0598-35-0201
FAX:0598-35-0201
http://www.mctv.ne.jp/~ukisato/